恵那商工会議所青年部、通称恵那YEGのページです。 青年部会員の情報交換の場として、そして学びの場として、提供されています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恵那市心の合併プロジェクト、一般事務局の新田です!

おもしろくなりますよ~、恵那市!

こんなことが水面下で進行中~

続きをお読み下さい。
平成の大合併をした当恵那市。

しかし新恵那市という枠は出来ても中身の人間交流はほとんど進んでいないようです。

市役所という行政も寄り合い所帯となり、リストラやなんだかでぎすぎすしている。

合併した市民も行政サービスが悪くなるとか税金が上がるとか、風評を
流すだけで前向きな意見が出てこない。企業も旧恵那市と変わりない活動をしている。なんとも暗い話ではないですか。

「そうじゃないんだ!新恵那市って素晴らしい郷土。そしてそこに住む人々も素晴らしい。もっと恵那市を愛そうやないか。合併という難局の今こそ連帯感や郷土愛を口先ではなく身を持って感じられるなにかが必要だ!」
と、常々考えていたある男がおりました。

その男は市民が主役で「街づくり」「地域づくり」「人づくり」を出来ないか、と考えていたのです。

彼がある勉強会に出てついにその解に出会いました。

その解とは「市民参加・市民融和・一体感」を映画制作で成功させたというある市の成功事例にあったのです。

「映画」という手段を使って、「市民融和」という目的を達成させた!

その男は矢も盾も溜まらず、その「映画を使った街づくり」を主導した映画監督である林弘樹さんに会いに行きました。

熱いだけで何も持たずにしかもノンアポで事務所に訪れた非常識なその男の心に打たれた林監督は、「映画うんぬんではなくて、恵那市に非常に興味を持ちましたから一度恵那に遊びに行きますよ」と心で答えてくれたのです。

そして実際に06年12月、林チーム一同が恵那に視察に来ました。

ある方の別荘にて林監督他メンバーと交流が進む中、ひとりそしてひとり、「それってええんやない?やってみたいな!」という仲間が集まり始めました。

行政とか企業とか組織とかそういう肩書きを外して、「恵那が大好きな一市民」として仲間になろうという集まり、それが「心の合併」プロジェクトです。

今の段階は「映画作れたらええなぁ。おもしろいなぁ」という進み具合です。

【今までの活動記録】

19年1月24日 林弘樹監督作品上映会

19年2月9日 てんつくまん「天国はつくるもの」上映会参加

19年2月13日 方向性を有志で存分に語る会

その時の熱い我々をちらっとクリック

そういうことでこの日、決定したことを議事録にしておきます。

1 市民映画のNPO法人を作ろう

2 組織図決定

委員長:小板 潤示

副委員長:伊藤 収三

事務局:可知・新田

企画委員長:曽我

副企画委員長:保母

隊長:溝江 慶

プロデューサー:鎌田 真悟

副プロデューサー:渡辺 隆

サブプロデューサー:平井 洋光

文責 新田 

訂正・加筆がある場合はご連絡ください。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enayeg.blog56.fc2.com/tb.php/48-a047c314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。