恵那商工会議所青年部、通称恵那YEGのページです。 青年部会員の情報交換の場として、そして学びの場として、提供されています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ始まります、東海ブロック大会鈴鹿大会。

恵那YEGは69名の登録、24名のご参加で朝早くからバスで

来ました。

それをお迎えするのはもちろん、レースクィーン。。。







走る、松原慎君。




朝から楽しい私。

なんだか楽しい大会でしょう? 続きを絶対見てくださいね。
御のぼりさんが行く!我らが恵那YEGの面々です。




もう慣れた感のある、会長と僕。昨日のナイトエクスカーションの

余韻を引きずっています。。。





行く道々で、我々をおもてなすレースクィーンたち。




我々恵那YEGは第三分科会ということで鈴鹿サーキットピットレーンを

散策しました。日常、入れないピットの中でレースカーを

触らせていただきました。こちらをクリック












というように、モータースポーツという文化の一端を覗かせて

いただきました。スーパーカーはええねぇ、やっぱ。




タムタムのブースではなぜか、メイド萌え(合ってる?言葉遣い)と

いうことで写真をパチリ。いい記念になりました。

ミクロマンの人形を3体もれなくプレゼント。ということで、

タムタムさん、ありがとう!








ああ、この写真だけでも鈴鹿まで来たかいがあったでしょう。

恵那にはないよ、こんなところ。。。




さて、一番鼻の下が伸びているのは誰でしょう??



そしていよいよ記念講演。

F1を追いかけて30ウン年。モータースポーツジャーナリストの

草分け的存在、今宮 純さん。

テーマ 「強いチーム(組織)はこうして造られる

              ~フェラーリからホンダまで~」





まずは怒迫力のD-1デモ走行をちょっとだけ。



そしてサーキットメインスタンドをステージに今宮純さんの登場です。

どうですか!こんな会場は世界広しといえども鈴鹿さんだけでしょう。




鈴鹿F1では、なんと8万円のメインスタンド席なんですよ。

こちらをクリック

今宮純さんは、

「世界に誇れる鈴鹿F1が今年で一応は最後というのは本当に残念。

世界のプレス、F1の現場サイドからも、またいづれは鈴鹿に

帰ろうという運動を起していきたいと思います」とのことでした。

20年開催された鈴鹿F1に祭の後の寂しさを感じました。

ぜひ、復活して欲しいです。

さていよいよ、記念式典が始まります。

その記念式典も鈴鹿メインスタンドで行うんですよ!

こちらをクリック1

こちらをクリック2

そして次年度東海ブロック大会豊川大会のPRです。



記念式典も無事終わり、いよいよ東海のYEGの懇親を深める、

大懇親会が始まります。

その会場はなんとピットの中!

ありえますか!?これ!?

ピットハウスの2階が吹き抜けていて、パーティスペースが

出来ているんですよ。もうびっくり!

その移動でメインスタンドからピットレーンまでサーキット内を

歩いて移動。

これもあり得ん、シチュエーションですね。

こちらをクリック1

こちらをクリック2

ああ、大懇親会、始まる!?




ああ、こっちも クリック1

あああ、こっちも クリック2

ああああ、ごめん。たくさん撮っちゃった。。。

「削除依頼」受け付けます!ごめん!





















というように鈴鹿の夜は過ぎていくのでした。

東海ブロック大会という大きな大会をする大変さ、我々も

去年、身に沁みました。

鈴鹿YEGの皆様の企画・運営、そしておもてなしの心に感謝しつつ、

帰路に着きました。

来年も行こう!東海ブロック大会。

さようなら!レースクィーンたち!

ということで筆を置きましょう。

                  素肌美エール 新田 修啓







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enayeg.blog56.fc2.com/tb.php/37-4e640081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。