恵那商工会議所青年部、通称恵那YEGのページです。 青年部会員の情報交換の場として、そして学びの場として、提供されています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保母さん、この本、読みました?

とても勉強になりましたよ~(笑)

いつか青年部で帳面のセミナー、会計のセミナーを企画したいと

思ってますが、まさにこういう内容です。

気楽に経理を学んで、経営にいかせる身の丈にあったセミナーが

したいです。

さてさて、本書の内容といいますと、

社長!ベンツ乗りたくないですか?

お友達もみんな乗っているでしょう?

そろそろ国産、卒業して外車にしましょうよ!

という誘惑も正当化できてしまう方法が書かれています!

びっくりしますよ。

経費で落とせるんです。

なんと赤字経営でも大丈夫です。

経営を圧迫しないで、銀行からお金を借りられる決算書を

作りながら、ベンツに乗れちゃう。

そんな方法があったのか?!

目からうろこな内容です。

量的には、東京出張の新幹線の中で1時間ほどで読める量です。

マンガみたいな軽い感じで読みきれてしまいますので、

普段あまり本を読まない方もご安心を(笑)

ただ書かれている内容は、我々、経営者が知っていると

大変、得をする内容です。

刺激的な題で不謹慎なイメージで読むのを止めている方も

いるかもしれません。

しかし会計や税務の矛盾とたくましい中小企業経営者の

ドラマと考えるとほんと面白いですよ。

会計学を身の丈にあわせて学びたい方。

なんでも経費で落としたい方。

銀行への借入で決算書の見栄えを浴したい方。

今すぐ買って読みましょう~~~。

これであなたも会計通~~~~。

============================================================

出版社/著者からの内容紹介
■社長のベンツが「中古」「4ドア」の理由は?
その答えは「会計のカラクリ」にあった!

なぜ、ラブホテル経営者は税金を払わないのか?
その答えも「会計のカラクリ」にあった!

何度も会計の本を買って挫折した経験はありませんか?
会計って知っていれば、仕事やキャリアに役立つの?

と誰もが一度は思うはず!

でも、会計の知識を何のために使うのでしょうか?

はっきり言って、
「会計は難しい!」
「会計なんて、普通の人には関係ありません!」

専門家でも目指さない限り、難しいことは必要ありません。

では、何のために、この本が出版されたのでしょうか?

それは、

現場の「会計のカラクリ」を知れば、
「セールス」「会議」「交渉」「転職・就職」「会議」
「経営」「給料」「借金」「資金繰り」
…などで役立つからです!

その理由は・・・

■モノは言いよう!「お金の価値なんて・・・」

同じお金でも人によって価値は違います!
同じお金でもタイミングによって価値は違います!

たとえば、決算前の中小企業の社長の気持ちを考えています!
もし、この社長の会社に1000万円の利益が出ていれば、
この社長は法人税を払うことになります!

でも、税金って払いたくないですよね?

ということは、この社長はガンガン経費を使って、
利益を減らそうと考えます!

経費は、ベンツであったり、社員旅行だったり、
生命保険であったり・・・

あなたが、ベンツの営業パーソンなら、
旅行会社の営業パーソンなら、保険の営業パーソンなら、
いつ営業しにいくほうがいいのかは、
もうわかりますよね?

つまり、現場の「会計のカラクリ」を知れば、
仕事で役立つのです!
(もちろん、営業以外の人にも役立つ内容満載!)

「経費」「在庫」「決算書」「税金」「粉飾」「株」「不動産」
「設備投資」「投資」「銀行関係」・・・など、
会計の専門家でも目指さない限り、本書の知識だけで十分です。

ところで・・・

■ところで、「裏会計学」って?

会計の教科書では教えてくれない「現場の会計」のこと。
会計の教科書に書いてあることは現場では使えません。

とくに、日本の会社の99%以上を占める
中小企業の会計の実態は複雑です!
(業種によっては従業員300人でも中小企業)。

本書では「中小企業経営者および社員」
「中小企業と取引のある大企業社員」
だけでなく、日本のビジネスパーソンが知ってトクする
「会計のカラクリ」を初公開します!

しかも、今までの会計本にはない「面白いエピソード」だらけ!

たとえば・・・

■ところで、この本に1400円の価値があるのだろうか?

本書で紹介するエピソードは、

「なぜ、社長のベンツは、中古の四ドアなのか?」
「なぜ、年商の四倍の借金のある旅館が潰れないのか?」
「なぜ、イケイケの会社が倒産してしまうのか?」
「なぜ、借金社長は税金を払いたがるのか?」
「なぜ、ラブホテル経営者は税金を払わないのか?」
「なぜ、社長は生命保険が好きなのか?」
「なぜ、社長は失敗しても投資し続けるのか?」

小説より面白い!
ケータイより使える!
マンガよりわかりやすい!

ぜひ、娯楽小説でも読むつもりで、
楽しみながら読んでください!

読み物としての価値だけでも1400円以上!
さらに、仕事や転職でも使えることを考えると・・・

■こんな人に読んでもらいたい!

・給料を上げたいと考えている人
・数字は苦手だけど会計を知りたい人
・営業関係の仕事している人
・経理関係の仕事をしている人
・転職や就職を考えている人
・新入社員や就職活動をしている学生
・中小企業経営者
             …など

ここまで読んでいただいた賢明なアナタなら、
この本の価値がわかるはず!




なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enayeg.blog56.fc2.com/tb.php/27-f72a5b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。